先輩の声
先輩の声
当施設・当診療所で働く先輩のコメントをご紹介します。
介護職員:中埜英城/亀岡園勤務
まず始めに私が福祉の職場で働こうと思ったきっかけとして私には大切な家族がいます。特に祖父と祖母は孫である私をとても可愛がってくれました。このことから将来はお年寄りと関わる仕事がしたいなとぼんやりとですが考えるようになりました。大学進学するにあたり今までお世話になった人に少しでも恩返しがしたいという思いから社会福祉学科を専攻しました。大学で様々な事を学び私は就職活動をするにあたって高齢者福祉の分野で働きたいと決めました。

私が利生会特別養護老人ホーム亀岡園で働きたいと思ったきっかけに「ありがとうと、いわれるようにいうように」という職員日常訓があります。私は高校の部活を通じて常に感謝の気持ちを持つことの大切さを学びました。高校を卒業してからも私は常にこの思いを大切にしてきました。亀岡園ならこのことを十二分に生かし働くことができると思い決めました。

亀岡園で働かせていただきあっという間に一年が過ぎました。わからないことだらけだった私ですが、少しずつ自分で考え自分で行動できるようになったと感じます。「福祉」とは?と聞かれると私は「幸せ」と答えます。この幸せとは利用者だけでなく支える側の介護職含めみんなの幸せと思っています。私たちが安心して幸せに生活できるそれが福祉であると思います。福祉の仕事に終わりはなく可能性は無限に拡がっていると思います。どうしたらもっとより良いケアができるかを常に考えこれからも笑顔で頑張っていきたいと思います。

最後に少しでも福祉の仕事に興味を持っている方不安もあると思いますがこの仕事はとてもやりがいのある仕事だと思います。一度ボランティアや施設見学などで実際に肌で感じてみてください。そして私たちと一緒に楽しい笑顔溢れる職場にしていきましょう。
アンダーライン
介護職員:並河大志/第二亀岡園勤務
私は、介護の仕事に携わり数年経ちます。私が介護の仕事を選んだきっかけは、友人が介護の仕事に携わりよく話を聞いており、興味がわき介護のことは何も知らない自分でも、人間やってみないと先のことはわからないと思い介護の仕事に転職しました。

介護のやり始めは、何も分からず新しいことの毎日で楽しくもありしんどい日々でした。働き始めてしばらくして認知症のある利用者様がおられ職員の名前を呼ばれず、いつも職員のことをにいちゃんと呼ばれる利用者様がおられ、私はこの利用者様に名前を覚えてもらおうと思い、会うたびに自分の名前を言い続けました。ある日その利用者様に私の名前を呼んで頂いた時は、すごくうれしく私の中で自信になりました。

私が介護の仕事で大切だと思うことは、専門的知識・技術も大事だが、あきらめない気持ちとチャレンジ精神だと思います。介護に興味のある方、チャレンジ精神で一緒に働きましょう。
アンダーライン
介護職員:西村沙織/亀岡園勤務
亀岡園で働き始めて数ヶ月になります。
私には小学生と3歳の子供がいます。出産後しばらく仕事から離れていた私にとって、色々な不安がありましたが、敷地内に併設されている託児所や勤務時間の調整など、働きやすい環境を作ってくださっています。

子供が楽しそうに園内を散歩する様子や、職員・利用者の方と接する機会もあり、成長する子供の姿を身近に感じられ、安心して働くことができます。子供と一緒に成長できるそんな職場だと思います。
アンダーライン
看護師:八木文子/第二亀岡園勤務
私は、数年前に第二亀岡園に就職しました。
病院とは違い、生活の場である特養での看護師の仕事に慣れるまでは、色々な葛藤がありました。
毎日の生活の中での利用者様の小さな変化に気づく事の難しさや、看護の基本である環境整備や観察が大変重要になると実感しました。
介護職員の「いつもと何かが違う」と言う鋭い観察力には勉強させられる事も多く、生活の中での気づきの大切さを感じます。
毎日、自然いっぱいの職場で、利用者様の笑顔に癒され自分自身も穏やかになり、楽しく仕事をさせて頂いています。

今年度より医務主任という大役を命ぜられ、不安でいっぱいの毎日ですが、他のスタッフに協力してもらいながら、これからも日々研鑚を積んでいきたいと思います。
アンダーライン
理学療法士:立松典篤/柿花診療所勤務
亀岡の自然と利用者さんの笑顔に囲まれながら、リハビリテーションを実施させていただいています。人生の大先輩である利用者さんと一緒に色んな話をしながら、いつも笑顔でリハビリをさせてもらっています。

主な仕事内容としては、利用者の皆さんと行う集団体操と個別リハビリに分けられます。特に自分たち理学療法士の専門性が求められるのが個別リハビリ。

近くの病院で手術をされて来られた方や脳卒中後の片麻痺の方など疾患は多岐にわたり、求められる能力は高く、非常にやり甲斐がある職場だと思います。周りの職員の方々も非常に協力的で、自分次第でいくらでも可能性を広げていける場所です。
アンダーライン
介護職員:加茂史子/亀岡園勤務
「利生会で働きたい」と思ったきっかけは何ですか?
『介護ってなんやろう!?』
今は亡き大好きな祖母がいてくれた事でご縁があり、亀岡園で働くことになりました。
利生会はどんな職場ですか?
この仕事は、疑問やいろんな感情や葛藤が私自身人間ですからあります。でも私にとって、利用者様と接して寄り添う事で、ありがたい事に気持ちが癒されています。誰もが一人では生きていけないし、生かされないと思います。
80才、90才の利用者様は戦争を体験されてこられました。また、個々に生きてこられたんだなぁと思います。家族の為、日本の為にという思いの時代を生きてこられた方達と接すると、人への想いを温かく感じさせていただきます。
就職を希望される皆様にひと言
利用者様が健康で笑顔で過ごしていただけるように!という気持ちで働いています。
人と接するのが苦手、好き関係なく、また興味のある方、ぜひ一緒に働きましょう!合掌(^人^)
アンダーライン
介護職員:松波美羽衣/第二亀岡園勤務
「利生会で働きたい」と思ったきっかけは何ですか?
私は、介護課程を専攻し、実習先で第二亀岡園にお世話になりました。その時、しんどかったですが、職員に親切にしてもらったり、職員の輝き、又、利用者さんの「ありがとう」の言葉に働きがいを感じ、希望しました。
利生会はどんな職場ですか?
理事長をはじめ、職種とわず、スタッフ全員が介護についての意見をかわしあい、常に、入居者にとって・・・っていう気持ちを忘れずに、日々、仕事しています。職員間で厳しさもありますが、何でも話せる環境でもあり、毎日楽しく仕事しています。
就職を希望される皆様にひと言
「ありがとうと いわれるように いうように」をモットーに、日々、高齢者の笑顔をみながら、楽しく仕事しています。スタッフ間の仲も良く、全員で協力し合い、働いています。
ぜひ、利生会で働いてみませんか?
アンダーライン
採用に関するお問い合わせができます
ページの先頭へ
社会福祉法人利生会 提供: 社会福祉法人利生会のHPに掲載の記事・写真および図版の無断転記を禁じます。
ご意見、お問い合わせなどはこちらまでどうぞ。